トップページ > 治療内容 > インビザライン

インビザライン

写真提供:アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社

インビザラインは、1997年にアメリカのアライン社により開発された歯科矯正装置です。2016年12月現在、世界中で、既に420万人を越える患者さまがこのシステムで治療を受けられており、年々増加を続けています。ジョイスマイル矯正歯科は、インビザラインの開発業者であるアライン・グループよりインビザライン・ドクターとしての正式なる認定を受けた上で、本システムをお取り扱い致しております。

インビザラインとは・・?

インビザラインは、患者さまお一人お一人の為にカスタムオーダーで製造される透明なプラスチックのプレート状の矯正装置です。
この装置「インビザライン・アライナー(可撤式装置)」を定期的(約2週間ごと)に交換し、装着を続けることで歯列矯正を行い、理想的な歯並びに導いていくシステムです。
従来のワイヤーやブラケットなどといった固定式の装置をまったく使わないため、装置による異物感や喋りにくさ、食べ物の残留などが無いほか、金属アレルギーを引き起こす心配もございません。
また、外見上もほとんど目立たず、とても審美性の高い最新の矯正治療システムです。

インビザラインのメリット

透明で目立たない
従来のワイヤーやブラケットを使用する矯正装置とは違い、インビザラインであれば、透明なので、矯正治療中であっても外見上はほとんど見えません。
取り外しができて衛生的
ご自分で簡単に取り外しができるマウスピース(アライナー)を順次装着するものですので、歯みがきやフロスも普段どおりお使いいただけます。また、簡単に洗浄ができ、衛生的です。
食べたいものがいつでも食べられる
アライナーは、いつでも簡単にご自分で取り外すことができますので、いつもと変わらないお食事が可能です。

インビザラインのデメリット

装着時間を守らないと治療期間が長くなる
この装置は、1日あたり少なくとも20~22時間の装着が必要です。決められた装着時間を下回ると、歯がきちんと動かないため、治療開始時に予定していた治療期間よりも長くなってしまう場合がございます。
適応症例が限定されている
治療を始めるためには、第二大臼歯が完全に生えきっていることが条件となります。そのため小学生など、乳歯がまだ歯列内に残っている症例の患者さまは適応外となります。その他にも適応外の症例がございますので、初診相談時にお問い合わせくださいませ。

インビザラインの治療ステップ

インビザラインの治療ステップ1
まず、お顔と歯の写真やレントゲン、精密な歯型をとり、アメリカのアライン社に資料を送付します。
この時の歯の模型ひとつで治療終了までの透明トレーができますので、従来のように、何度も歯型をおとりいただく必要はありません。(ただし、虫歯治療などにより、歯の形が変わってしまった場合は、再度、型どりをする必要がある場合がございます。)
インビザラインの治療ステップ2
アライン社にて、患者さまの資料をもとに、3次元コンピューターの画像技術を駆使し、治療開始から終了までの過程において、歯がどのように動いていくかをシュミレーションを行います。
この3次元のシュミレーションを「クリンチェック」機能といいます。患者さまが当院へご来院された際、医師と一緒に治療計画をパソコンの画面上でご確認いただけます。
インビザラインの治療ステップ3
歯がどのように動くかという移動予測イメージをもとに、治療のための平均20~40個の「インビザライン・アライナー(可撤式装置)」をカスタムメードで製造し、日本にて発注依頼をした歯科医師のもとへと送られます。
インビザラインの治療ステップ4
装置が日本に届いたらいよいよ治療スタートです。約1ヶ月に1回、ご来院いただいて、当院歯科医の経過観察のもと、装着するインビザライン・アライナーを交換していくことで、歯が徐々に移動します。患者さまご自身の歯がシュミレーションされた最終位置へと移動するまで、これを繰り返します。
アライナーは、お食事や歯磨きの時以外は終日(1日あたり少なくとも20~22時間)装着していただきます。 適応症例が限定されており、このシステムでは完全に治療できない症例もございます。初診相談時にお問い合わせくださいませ。

インビザラインの治療期間と費用

インビザラインの治療期間
約1.5年~3年
歯ならびの状態により、かなり幅が出てきますので、初診相談時にお口の中を見せていただいてから、より詳しくご説明をさせていただきます。
インビザラインの治療費用
お問い合わせくださいませ。
ご来院時に詳しくご案内をいたします。問合せフォームもご利用ください。
トップへ