トップページ > 治療内容 > MRCシステム

MRCシステム

発育期の治矯正療
MRCクリニックとして歯並び、呼吸、舌癖、嚥下への取り組み

MRCとは、歯並びの治療だけでなく、「口呼吸、舌癖、異常嚥下癖」の改善を目的として矯正治療を行うシステムです。当院はオーストラリアに本部を置くMRCの認定を受けており、日本におけるMRC認定クリニックの中で矯正歯科専門としてエッジワイズ治療までおこなう唯一のクリニックです。お子様の矯正治療で混合歯列期から永久歯へ交換後の治療まですべて当院で治療可能です。(2017年4月現在)

【参考】株式会社オーティカ・インターナショナル 「MRCクリニックとは」

① 不正咬合の原因へのアプローチ

歯並びの悪くなる原因は何でしょうか? それは先天性と後天性の大きく二つに分類することができます。お子様の顔立ちは、ご両親に似たものとなります。そのため、種々の不正咬合の中でも先天性で骨格性が強く現れる場合は抜本的な矯正治療が必要となります。

その一方で、お子さんの不正な歯並びが、後天的な要因(口呼吸、舌癖、異常嚥下)よって引き起こされ場合もあります。また遺伝的な不正咬合であっても上記の異常習癖を改善することにより、お子さん本来の成長発育を取り戻し整った側貌と歯並びを得ることができる場合もあります。

② 当院では、正しい呼吸、正しい舌位を獲得するために、「トレーナー」を使用した口腔周囲筋のトレーニングを行っており、専用のスペースを設けております。

  • トレーナー
  • アクティビティルーム
  • トレーニング

各種トレーニングを通じて重要なポイントは2点です
1. お口を閉じて鼻で呼吸すること
2. 正しい舌位(スポットと言います)で、正しい嚥下の仕方を覚えること

③ トレーナーを入れるだけでは不十分です。併行して行う口腔周囲筋のトレーニングも非常に重要となります。正しい歯並びを獲得する為には口腔周囲筋の活用も必要です

トレーナーの装着と口腔周囲筋のトレーニング(MRCシステム)をあわせて行った治療例です。引き締まった口元が確認できます。

④ 「トレーナー」などを用いて、非抜歯での矯正治療の結果です。骨格的に重度な不正咬合にも効果的な場合もあります。最終的なエッジワイズ治療を行っておらず少なからず歯列不正が残っておりますが、お子さんの協力が得られれば、このように治すことができます。

各種トレーニングとして、鼻呼吸の認識、舌の正しい位置、正しい飲み込み方 リップトレーニングなどを行っております

⑤ 最後に

当院では、エッジワイズ装置による矯正治療や抜歯を伴う矯正治療も行っております。
ただし、混合歯列から矯正治療を開始するお子様の場合はできるだけ永久歯の抜歯を避け複雑なエッジワイズ装置を使わずに(no brace , no extraction)矯正治療を終えたいと考えております。その一手法として「トレーナー」による矯正治療を行っております。

ただし、「トレーナー」を用いた矯正治療には限界があります。骨格性の下顎前突、顎の偏位など成長に伴い悪化する症例には不向きです。それらのケースは従来からの治療法で対応します。また、混合歯列からの治療であっても、全ての不正咬合を非抜歯で矯正治療を完結することは難しく、クリニックを選ぶ際は抜歯ケースについても十分な治療経験のあるクリニックでの治療をお勧めいたします。

トップへ